ベランダ改修工事

ベランダは洗濯物を干したり等、毎日出入りする生活に密着した雨掛かり部です。

そのため経年により傷みやすい部位でありますので、適切な改修が必要となります。

ウレタン塗膜防水

施工前

施工後

ベランダの床はモルタル肌仕上げという建物が多く、

経年につれモルタル表面が劣化し、階下への漏水が懸念されると同時に見た目が悪くなってしまいます。

ウレタン塗膜防水はベランダの改修で最も一般的に行われている工法となります。

液状の防水材を塗り重ね防水層を形成しますので、ベランダのような

細かい施工部位にも継ぎ目を作らない美しい仕上がりとなります。

 

防滑性シート施工

施工前

施工後

また、防滑性シート用いっての改修も可能です。

雨水等が吹き込んでも滑りにくく、摩擦や傷に強く耐久性に優れ、

万一表面が削れても色・柄が同じ構造となっておりますので、安全性と美観を向上させることができます。

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。